20170224

だいぶ慣れてきた。庶民がいい感じの印象。日本みたいに「スキルアップ!」「成長!」みたいな呪術が少ない。「階層間流動性的に、俺たちの生まれだとだいたい期待値ここからここまで!じゃあこうやって楽しむのが生涯エンドルフィン最大よ」って感じで、いい意味で思い切りのいい人たちに多く出会う。

東京とかだと、センスも効率化も下手な人が、ただ努力量だけで1ずつ経験値を稼いで、「昨日よりよくなった!」と唱え、バナーまみれの自己啓発ネット記事を読み、無意識に豪快な時間の使い方をしているのをよく見かけ、それは別にそれで良いんだけど、そうしない人に対して「上昇志向をもて」みたいなことを言ってくるのが本当にスト2って感じできつい。

同じアジアなので、小さい差が大きく見えてるかもしれない。他にも色々あって、もっと分かりやすく感じたのは、圧倒的に優しさが強い。エレベーターでも、親子連れが近づいてくると、すでに乗ってた人がさっと降りる。

屋台が多い。都内全部がずっと毎日お祭りみたいな感じ。適当にその辺で食べて、喫茶とかで働いたり休んだりして、また食べて、帰って寝る。中国語はほとんど話せないけど、英語圏の人とかに比べれば漢字をすばやく書けるので筆談が強力に役立つ。気に入ったお店もできて、困ったことも無いし、引き続き油断せず過ごします。


 20170226

ZINEDAY TAIWANというのに参加した。土曜日と日曜日、レトロ印刷JAMの台北支店が会場だ。JAMは大阪にもある印刷屋で、ZINEDAY OSAKAというのがそこで今までに何回か行われてる。何十組かの人たちが、自主制作の冊子とかを出展する。

ブースの数は100無いけど、ずっとお客さんが多くて何よりだった。売れた数も、持って行った100冊以上全部なくなって、日本語の漫画とかもあんまり関係なく興味持ってもらえてた。中国語で準備して作った冊子も初日でなくなって、何人かの人が「(中国語訳が)完璧!」と言ってくれた。

こういうことをやってる若い人なので、大体みんな少しは英語が話せたりして、友達になれそうな人もいた。会場のことも、色々な連絡とか手続きとか決めることとか、考えるだけでもかなり大変そうで、行くだけで参加させてもらえて申し訳ないと思うぐらいありがたい。

帰ってまた、うわーこれはさすがにありがたい、と思った。次あったら、是非また中国語のものを用意しておきたい。


 20170228

最後の日なので借りた部屋をきれいにして、帰る。名所とかは全然見れなかったけど、ちょっと田舎の方とかも行ってみたりできたし、とにかくセルフ弁当屋のシステムが最高だったので、仕事弁当仕事弁当仕事って感じでも良いからまた来たい。

去年教えてもらってたのを思い出して、ケンタッキーを食べた。日本のと随分違うらしい。僕、最後にケンタッキー食べたの、思い出せないぐらい前だったので分からなかったけど、確かに違う感じがするし、おいしかった。

コーラとチキンを並べたら、テレビをつけたくなって、面白そうなのを探してたら、228事件についての番組がやっていた。ちょうど228だ。映画になったりしてるのは知ってたけど、ほとんど無知だったので調べたりして、もう帰るけど急に色々台湾に興味が出てきた。

ケンタッキーが偶然、228事件につながった。でも、揚げた鳥が街中で大量に売られていて、安くおいしいにもかかわらず、KFCが展開しているのは偶然じゃない。西側諸国最前線でずっと銃口を向けられてた感じ、単純ではない「親日」の事情、なんかそういうのがうわーっと自分の中でうわーってなって、コーラ飲んで寝た。